ブルーベリー · 2019/07/12
今回は早生のブルーベリーの収穫で忙しい矢郷さんご夫婦を訪ねました。矢郷さんの畑は小田原の石橋地区にあり、海岸線沿いの斜面を使って温州みかん、晩柑類、ブルーベリー、そしてお正月用の千両などを栽培しています。小田原の石橋は海に面していることから冬は気温が下がりすぎず、夏は気温が上がりすぎない、温暖な小田原の中でも特に一年を通して気温が安定している地域だそうです。
加工品 · 2019/07/04
日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを込めて贈りたいお中元、そして暑中見舞いや残暑見舞い。「受け取られる方に喜んでいただけるものってなんだろ? 何を贈ろうか?毎年悩むのよねぇ~」という方も、少なくないはず。そこでお勧めしたいのが、ジョイファーム小田原の加工品。

緑みかんシロップ · 2019/07/02
ついに先日、観戦チケットの抽選結果が発表され、段々と日本中が東京五輪パラリンピックへ向けて気分が高まってきている、今日この頃。 実は、ジョイファーム小田原も東京五輪パラリンピックに向けて着々と準備中です!
ブルーベリー · 2019/06/28
この時期に収穫が始まるブルーベリーは小田原市石橋地区で栽培されている、ノーザンハイブッシュ系の品種。その名も「エリザベス」と「チャンドラー」。品種の名前も素敵だが、これら品種は粒が大きいことで定評があります。特に「チャンドラー」の一番果(最初にできる果実で一番果が大玉になる)は500円玉くらいの、きわめて大粒になることでも知られています。

柑橘類 · 2019/06/19
6月も終盤に入り、今期最後の柑橘になるバレンシアオレンジの出荷が始まりました。ジョイファーム小田原では米神・石橋・田島の生産者さんがバレンシアオレンジを栽培しています。今回は小田原市田島の石井毅さんの畑にお邪魔して、バレンシアオレンジの生育状況をチェック。
すもも · 2019/06/06
すももは初夏から夏にかけて収穫される果物。品種によって旬が異なるので、お気に入りの品種を見つけたら、旬を逃さないようにしたいですね。これからの梅雨の季節、まだ湿気と暑さに慣れていないせいもあって、寝不足になったり疲れがたまりやすくなります。そんなときに。すももの甘酸っぱさがちょうどよく感じられるはずです。...

 · 2019/05/31
5月下旬に入り、青梅の収穫が始まりました。今年は天候の関係で白加賀梅の生育が思わしくなく、生産者によっては、まったく実がつかず収穫量がゼロになってしまったケースもあります。同じ小田原でも地区によって、また畑の場所によって状況はさまざまなようです。そんな中、見事に育った白加賀梅を収穫している穂坂和昭さんの畑にお邪魔しました。
玉ねぎ · 2019/05/24
小田原市下中地区で代々農家を営んでいる小沢照良さんは今、玉ねぎの収穫で大忙しです。小田原で栽培される玉ねぎの美味しさの秘密を探るべく、収穫中の小沢さんにお話を伺いました。小沢さんは下中地区で美味しい玉ねぎが作れるのは、堆肥をふんだんに使った土壌と温暖な気候が関係していると言います。

玉ねぎ · 2019/05/16
まずは玉ねぎを抜く作業。抜いたら次の作業がしやすいように並べていく。
 · 2019/05/10
今年も2月には見渡す限り白い花でおおわれた曽我梅林。かぐわしい梅の花が終わった後には、青々した梅の実が結実するのを待つばかりだったのですが。。。 なんと今年は梅酒やシロップ漬けに使われる青梅、白加賀の生育が思わしくありません。生産者さんにお話を伺うと、3月下旬にこの地域を襲った寒波が原因のようです。2月にはあんなに見事に花を咲かせていたのになぜ、白加賀だけ?これには品種による受粉時期の違いが影響するようです。

さらに表示する