温州みかん(晩生)


栽培基準:特別栽培レベル

出荷時期:1月~2月

大きさ :S~2L


「小田原の主力みかん!貯蔵して甘味が増しています!」

みかんと言えば、和歌山や愛媛、静岡の三ヶ日などが有名ですが、

小田原の地も多くの生産者がみかんを栽培しています。

昔は“片浦みかん“というブランド名で販売していたほど!

 

箱根から降り積もった火山灰土の畑が多く、他の産地に比べ土の栄養分が多いため、

糖度が上がりづらい環境ではありますが、酸っぱいながらもコクのある甘みで、

甘いだけのみかんはちょっと・・という方はぜひ小田原みかんを食べてみてください!

 

晩生みかんは、収穫した時は酸味が強く食べづらいため、12月中に収穫し貯蔵庫で

1ヶ月寝かせて食べごろを待ちます。

早生みかんなどに比べ外の果皮が厚いため、実現できるこの貯蔵みかん。

九州・四国ではこの貯蔵みかんは少なく、静岡や神奈川が主力の産地となります。