十郎梅


栽培基準:特別栽培レベル

出荷時期:6月

大きさ :約3.3cm ~ 4.9cm


「小田原のブランド梅!果肉が肉厚で、とろけるようなフワトロ食感が病みつき!」

十郎梅は、小田原のブランド梅として1960年頃から栽培が盛んになりました。

実が大きく肉質が柔らかで、種が小さいため、梅干し用の最秀品と言われていますが、皮が薄いため、栽培や収穫は大変!

枝が重なり傷つかないよう剪定の時から気を使いっぱなしです。

そのかわり、十郎梅を買って梅干しを漬けた人は、その次の年から、十郎梅しか漬けなくなるほど病みつきに!

梅の時期に見かけたら、必ず確保してください!!

 

【梅干しレシピ】
▪︎黄色い梅 5kg   
▪︎塩 650~900g(お好みの塩分濃度で)
▪︎焼酎 250cc(お好みで)
▪︎重石(梅と同じ重さ)


①容器を熱湯消毒し清潔な布巾で水気をふき取る。梅を水洗いし、

 ざるにあけて水気を切る。

 

②竹串で梅の「へた」を取る。 清潔な布巾で水気をふきとる。梅に焼酎をまぶす。

 

③焼酎が乾かないうちに漬け込む。

 塩は全体の1/3を残し、容器に梅と塩を交互に重ね入れ、最後に残しておいた1/3の 塩を上にのせる。(最後に塩をのせるのは、容器の上下の塩分濃度を均一にするため で、塩の沈殿を少なくする為)。 落し蓋をして重石をのせる。
 ※もし漬け汁表面に「カビ」が発生したら、こまめに取り除く。

 また実に付着するよ うなことがあれば、焼酎で洗って漬け直す。

④ 2~3日位経ち漬汁が梅にかぶる位になったら重石を半分に減らし保存。
 塩が片寄っていると梅酢は上がりにくいので、容器ごと揺すって塩を全体に回す。

 

⑤7月下旬~8月上旬の土用の頃、晴天の続く日を選び梅を干す(土用干しした梅は

 皮が柔らかく、カビにくいといわれる)。
 ざるに並べ、時々表裏を返しながら、3日3晩を目安に干しあげる。

 もし雨で濡れてしまったら焼酎で洗い、綺麗な布巾で拭いてから梅酢に戻す。

 改めて1日目から干し直す。
 ※しそ漬けを作られる方は、梅酢が必要なので取っておく。

 

⑥干した後は冷暗所に保存する。ひと冬越した辺りが食べ頃です♪