ハウスみかん


栽培基準:慣行栽培レベル

出荷時期:9月


「大切に、大切に。 手間暇惜しまず育てた箱入り娘のハウスみかんです。」

冬はビニールハウスの中で暖め、夏は換気をして風通しを良くし、枝が折れないよう天井からひもで吊り、水を切り、適度なところで散水し。

甘くするために技術を駆使し、毎年の気候を見ながら工夫を重ねて栽培しています。

酸味が強いと言われる小田原のみかんですが、酸味は甘みに変わります。

酸味が甘みに変わった小田原のハウスみかんは、それはもう目尻が垂れ下がる美味しさ。

暑い時季に、冷蔵庫で冷やしたハウスみかんをぱくりっ!これ以上ない贅沢な時間です。