消費者の方に安全・安心で美味しい物を食べてもらいたい

 

そして、小田原の大地に優しい農業をしていきたい

 

その想いからジョイファーム小田原の有機キウイは始まりました

有機農業とは


化学的に合成された肥料や農薬を使用しないこと、

並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本としています。

 

そして、環境への負荷をできる限り低減し、

農作物や土が本来持っている能力を生かす栽培方法です。


最初は自分たちで減農薬や特別栽培等の規約をつくっていましたが、

 

明確な基準がなかったため、消費者の方に伝わりませんでした。

 

そこで、皆さんが納得するように国が定めた有機JASでの栽培を決めました。

有機JAS認証とは

有機農業にて栽培された農産物が確かなものであることを

法律に基づいて証明するのが有機 JAS 認証制度です。

 

この制度がスタートしたのは 2 0 0 1 年、それ以前は有機表示を法律で規制しておらず、

「有機」や「オーガニック」という表示がついていても、

その中身は様々なものが出回っていました。

 

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、

その結果、認定された事業者のみが有機 JASマークを貼ることができます。

 

この「有機 JASマーク」がない農産物と農産物加工品に、

「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や紛らわしい表示を付けることは

法律で禁止されています。

有機 JAS 認証に適合するもの

・多年生の農産物は 3 年以上、それ以外のものは 2 年以上の間、

 禁止されている農薬・化学肥料を使用しなかった土壌で栽培すること。

 

・3年間以上(化学合成肥料)、無農薬、無化学肥料で栽培した農産物であること。

有機 JAS認証の難しさ

農薬や化学肥料が使えない分、草取りや虫取りに手間と人件費がかかります。

 

そして、隣接する畑からの農薬散布が干渉してくることがないように、

隣の方の協力が必要になってきます。

 

また、栽培日誌、出荷先、販売量等、様々な書類の提出や、

有機 JAS認証取得にかかる費用、有機 JASマークを付けるのは全て農家負担に

なっています。

それでもあきらめず消費者の立場にたった農業を貫く生産者がつくったものが

 

有機JASの農産物です。