· 

甘酸っぱいすもも!初夏の味をお届けします

すももは初夏から夏にかけて収穫される果物。品種によって旬が異なるので、お気に入りの品種を見つけたら、旬を逃さないようにしたいですね。これからの梅雨の季節、まだ湿気と暑さに慣れていないせいもあって、寝不足になったり疲れがたまりやすくなります。そんなときに。すももの甘酸っぱさがちょうどよく感じられるはずです。

 

この酸っぱさの正体は、すももに多く含まれる有機酸(クエン酸やリンゴ酸)で、疲労回復に効果がある栄養素です。すももにはその他にも健康維持に欠かせない栄養分が豊富に含まれています。

 

すもも」に含まれる注目成分

有機酸 (クエン酸・リンゴ酸など)

元気をとりもどす疲労回復効果

ペクチン (水溶性食物繊維)

お腹すっきり整腸作用と便秘や下痢の症状を改善

葉酸

貧血の予防、妊婦の必須栄養素(胎児の先天異常を予防)

カリウム

塩分を排出し、血圧を下げる効果・利尿作用でむくみを予防

アントシアニン(ポリフェノール)

眼精疲労の改善・抗酸化作用

 

いくつかあるすももの品種の中で、まず最初に収穫されるのは「大石早生」。果皮は鮮やかな紅色、そして果肉は淡い黄色、ジューシーで爽やかな甘酸っぱさが特徴です。 来週から収穫が始まりますが、残念ながら今年は天候の関係で収穫量が少なそうです。

 

7月中旬には「ソルダム」、そして8月上旬に「太陽」という品種の収穫が予定されています。今後の天候次第で生育が左右されるので、生産者さんも注意深く生育を見守っています。

 

大石早生

収穫時期:6月中旬

ソルダム

収穫時期:7月中旬

太陽

収穫時期:8月中旬