生産者

長谷川農園生産者紹介③
生産者 · 2021/02/25
連日20度を超える陽気の小田原では早咲きの梅が散りはじめ、遅咲きの梅も満開です。 生産者達はこの時期、梅の剪定が終わったらキウイの剪定、それが終わったらみかんの剪定…と、剪定に追われる毎日です。 梅畑に行くと緑肥であるヘアリーベッチ(マメ科の植物)が成長し、地面を絨毯のように覆っていました。このヘアリーベッチは畑の雑草を抑制してくれたり、窒素を供給してくれるメリットがあり、ジョイファーム小田原の生産者の畑ではよく見かけます。 「このままだとヘアリーベッチも草丈が伸びるので、夏前くらいに一度草を刈るんですよ。」と話すのは長谷川農園の社員の中でも最年少の山本卓宏さん。
長谷川農園生産者紹介②
生産者 · 2021/02/23
今年は早くから菜花がとれはじめ、毎日菜花の生産者は大忙しの毎日でしたが、気温が高い分、2月上旬には一斉に収穫量が減ってきました。 ジョイファーム小田原から車で約10分、小田原市飯泉の一角に、長谷川農園で菜花を耕作している畑があります。 実際に畑を見ると、既に黄色い花があちこちで咲いており、収穫期の終わりが近いことを予感させます。 『忙しいけど、作業しながら話をするのでよければ、明日は畑にいるから』と話すのは長谷川農園の頼れるお兄さんこと小出龍さん。 ところが畑に着いて開口一番、『まさか話を聞いただけでそのまま帰るなんて言わないよね?』と収穫のお手伝いを迫られ、実際に収穫をすることに。

長谷川農園生産者紹介①
生産者 · 2021/02/13
2月7日、小田原梅さんぽがはじまる直前の曽我別所梅林は十郎の花が3分から5分咲き。園内はマスクを着用した人々がゆっくりと梅を見ながら散歩を楽しんでいました。 一番にぎやかな別所会場にほど近い梅林にさしかかると、ちょうど長谷川農園の根尾岳彦さんが梅の枝の剪定をしていて、通りかかった人から剪定した枝をもらって良いか訪ねられていました。 長谷川農園はジョイファーム小田原の先代社長である長谷川功さんの経営している農園です。曽我地区を中心に梅・みかん・キウイ・玉ねぎ・菜花・ブルーベリーなど果樹を中心とした農産物を育てています。
若手生産者が継続的に活躍できるように②
生産者 · 2021/02/02
「新規就農者」となった瞬間に、独り立ちをしなければならない農業。 極端なことを言えば、研修を経た大工さんがいきなり1人で一軒屋作りに挑戦をするようなものです。ベテラン生産者曰く、「今はインターネットが普及しているから、若い子は調べ物が上手だよ。俺達よりよく知っていることもあるからね」とのこと。 しかし、気候風土を相手にしなければいけない農業は、教本通りとはいきません。

若手生産者が継続的に活躍できるように①
生産者 · 2021/01/23
11月からジョイファーム小田原のホームページ内で生産者の募集をはじめました! 既存の農家の加入も募集していますが、新たに農業をはじめる方も、将来ジョイファーム小田原と一緒に農業を頑張ってもらえたら嬉しいです♪ 最近では新たに農業研修を無事終え、新規就農者となったタイミングでジョイファーム小田原に加入してくれている若手生産者が増えており、全国的な後継者不足な中、大変頼もしく感じています。
生産者 · 2020/12/07
御殿場線「下曽我駅」から県道72号線を松田方面方面に、中河原の梅林を横目にさらに進むと、上曽我地区に到着します。 上曽我のみかん農家 柏木一郎さんはみかん農家の大地主。昭和7年生まれの88歳という御歳ですが、現在も外が真っ暗になるまでバリバリと働いています。 お話を伺ったこの日は朝から雨。ちょうどみかんを収穫したばかりなので、午前中は選果をしていたよと、なんだかインタビューなんて恥ずかしいなあといいながら大広間に通して頂きました。

生産者 · 2020/12/03
西湘バイパスの「石橋」を降りてすぐ。ここは「石橋地区」と呼ばれている、主に柑橘類の栽培が盛んな地域です。 東京方面から熱海、伊豆に向かう観光客が往来し、周辺には2019年にオープンした早川の漁港の駅TOTOCO小田原、一夜城跡やヒルトン小田原などの観光施設スポットからもほど近い場所です。南には相模湾が広がり、北に目を向けると収穫の時期を待つみかんが色づいてきていることが分かります。
生産者 · 2020/03/24
大山裕貴(おおやま ひろき) 植物、自然、農業、自分が自分らしくいられる環境! 就農して何かと気苦労はありますが、人間関係に煩わされず、自然を相手にする農業が自分には合っているようです。ただ畑は借りているので借地代金を払っているし、その他の経費も増えていく一方なので、今後はいかに収入を増やしていくかが課題ですね。モチベーションを維持するためにも、効率を考えて収益を上げていきたいです。時間をつかった割に収入にならないと、モチベーションがぐっと下がってしまいますからね。

生産者 · 2020/03/24
安藤隆(あんどうたかし) “自然と一体化できるような農業を目指す” 私たち生産者は「自然に食べさせてもらっている」という考えを忘れてはいけないと思います。 自然の生態系って想像できないくらい沢山の要素が絡み合って成立しているので、めちゃくちゃ興味深い。だから、少しでも理解できると、毎回ちっちゃく感動していたりします。
生産者 · 2020/03/12
渡辺拓登(わたなべ たくと) 地元に根づいた、「あの人なら!」といわれる農業を目指す! 自分の人生の転機となったのは、2011年の東日本大震災だと思います。あのとき「当たり前のことが当たり前でなくなった…」、「多くのことがくつがえった…」と感じたんです。そして放射能汚染のこともあり、健康や食べ物について興味がわいてきて、いろいろ調べたんです。そうすると「日本が世界で一番農薬が使われている国である」とか、なんだか考えさせられることがいっぱいあって、「自分は何も知らなかったな~」って思いました。そこから「食べるものは自分で作りたい!」という思いが強くなった気がします。これが農家になりたいと思った直接の動機ですね。その後、実際に農業に携わってみると「あ!自分は木が大好きだったんだ!」と気づきました。

さらに表示する