十郎梅


小田原のブランド梅 十郎梅

栽培基準:特別栽培レベル

出荷時期:6

大きさ:約3.3cm4.9cm

十郎梅小田原のブランド梅
梅干の購入はこちら

十郎梅の名前の由来


1957年、当時の小田原市長の鈴木十郎氏が「小田原独自の良質の梅干を作ろう」と提唱したことや、昔から小田原に伝わる日本三大仇討ちの一つ「曽我物語」の主人公である曽我十郎からとったとされています。

 

十郎梅は、当時の小田原市梅研究会により選抜され小田原の土地で育播された小田原オリジナルの品種です。梅は全国で栽培されていますが、その土地によって同じ品種でも形や生育具合が違うもの。その土地で発見された品種ということが、小田原の気候や風土に適していることを物語っています。

十郎梅は生産者泣かせ?


皮が薄く繊細な十郎梅は、果皮のきめが細かく見た目にも美しいですが、その反面、枝などの外からの影響によって傷がついたり、割れてしまったり、はたまた天日干しでひっくり返す時に皮が破れやすかったりと、とてもデリケートな品種です。

 

また結実が不安定で収穫量が安定しにくいので、生産者は栽培から収穫、そのあとの加工までずっと気を使い続けなければいけません。

 

そのかわりに、一度十郎梅を買ってみて梅干を漬けた人は次の年から十郎梅しか漬けなくなるほど病みつきになってしまいます。

十郎梅の一年



十郎梅から梅の魅力を伝えます


昔ながらの万能薬、昔から伝わる食文化


古いことわざで「1日1粒で医者いらず」といわれるように、梅には健康に良いエキスと旨みが凝縮されています。今こそ昔から伝わる日本の伝統食、梅の持つ力を見直しましょう!

梅に含まれるクエン酸で、疲れにくい体に!


クエンは食べたものをエネルギーにえるために細胞内にあるクエン酸回というところで化学反応こし、エネルギーをりだしています。エネルギーが不足すると疲労がたまってしまうので、この回路活発くことでれにくいになります。れたときは梅干しを食べると元気になるのはクエンのおなのです。

 

唾液の効果で食欲増進


梅干し想像するだけで、唾液てきますよね。この唾液効果は食欲の増進します。唾液にはカタラーゼという活性酸素排出する抗酸化物質まれるので、唾液えると老化防止やガン予防につながります。また唾液えることで、消化力がアップするので、胃腸調子えて食欲を増進する効果があります。

 

菌の繁殖を抑え感染症や食中毒予防も


からお弁当やおにぎりに干を入る習慣があるのは、防腐作用があると経験的られているからです。干しには細菌増殖える成分発見されており、々なウィルスの増殖中毒効果があることが証明されています。

 

ブログ記事

有機JAS認定 有機キウイ
緑みかんシロップそのまんま緑みかん